ビルトインガスコンロについて書きました。

転勤で引越すことになった時、次の家を探しました。そしていい物件が見つかってそこに決めました。その部屋には大家さんの好意でビルトインガスコンロが始めから設置してありました。ガスコンロの使える場所も3つありました。今まで使っていたものは2つしかなかったので、料理をするにも一度に2つ使用することが限界でした。でも3つ使えるようになって格段と使いやすさが増しました。少しフライパンを横に置いておきたいなと思ったときにも置く場所があって便利です。そして何よりも一番よかったのが掃除がとてもラクになったことです。今までガスコンロはビルトインではなかったので、横の小さなすき間に落ちたごみやカスはなかなか取れませんでした。掃除するのも一苦労でしたが、ビルトインは横にすき間ができることがないので、それが本当に良い点です。

様々な種類のビルトインガスコンロ

料理をするときには、ほとんどの人がガスコンロを使うでしょう。ガスコンロと言ってもいろんなタイプのものがありますが、今は、ビルトインガスコンロが主流です。ビルトインなので、システムキッチンにスッキリと収まりますし見栄えもいいです。ガスコンロ自体の掃除をするときにも、ビルトイン方式にすることによって、かなり楽になりました。ただ、火が出るところは隙間があるので、その中に液体をこぼしてしまわないように注意しなければなりません。しかし、最近では、この隙間が無いタイプのビルトインガスコンロが出てきました。全く隙間がないと言うわけではありませんが、今までのものと比べると、かなりなくなったので、さらに掃除をするのが楽になりました。液体をこぼしても隙間が無いので、安心です。このタイプにすると料金は高くなりますが、いつでもガスコンロを綺麗に保つことが出来ます。

ビルトインガスコンロに入れ替えたのは2年前です。

家のリフォームをすることになったのが2年前です。家は25年経っていて何度か外壁工事はしていたのですが、内装をリフォームした事は今まで一度もありません。水回りが古くなっていてとても気になっていたのでリフォーム会社の人に誘われてハウスメーカーの展示会に参加しました。近代的なシステムバスやトイレ、システムキッチンなど、それまで使っていた換気扇なども汚れが目立ってきていたので、おもい切ってシステムキッチン他水回りを新しいものに交換していただくことにしました。ビルトインガスコンロを入れる前は2口の置き型でしたので、機能の違いは安全性の違いを実感します。忘れて火を点けっぱなしにしていてもアラームが鳴るし、自動でガスが止まります。歳を取って来てものを忘れる事が多くなったのでこういうのは安全で誰もが必要になってくるものです。知らない間にどんどん器具は進化していると感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です